コンプライアンス
  • 森田フードシステム株式会社は、コンプライアンスを経営上の最重要課題のひとつと位置付け、 全役職員が企業の社会的責任を常に認識し、コンプライアンスを実践する 体制を構築するため、コンプライアンス基本方針を制定します。

    • 1.法令等の遵守

      法令や社内ルールを遵守し、企業人、社会人として良識ある行動をとります。

    • 2.公正な取引

      取引先とは、公正な契約を締結し、法令に違反する行為またはその可能性がある行為は行いません。

    • 3.反社会的な勢力との関係の遮断

      『反社会的勢力に対する基本方針』に基づき、社会の秩序と安全に脅威となる反社会的な人や団体に対しては、毅然とした態度で臨みます。

    • 4.環境・社会活動への積極的な取組み

      地球環境の保護や社会貢献活動に積極的に取組みます。

    • 5.人権の尊重と健全な職場の維持

      互いの人権を尊重し、不当に人格を傷つけたり差別する行為は行いません。 また、労働関係法令等を遵守し、健全で安全な職場環境を維持します。

    • 6.お客さま満足の追求

      お客さまに対して公正かつ誠実に対応し、満足いただける製品・サービスの提供に努めます。

    • 7.機密情報・個人情報の適切な管理

      機密情報および個人情報は、法令や社内ルールを遵守し、適切に管理します。

    • 8.全役職員の責務と決意

      コンプライアンスを全役職員としての基本的な責務とし、公正かつ誠実な業務の遂行に努めます。

    平成28年6月