会社沿革
森田フードシステム株式会社の歴史
森田フードシステム株式会社の歴史をご紹介いたします。
沿革写真
沿革
大正5年11月
三重県桑名市船馬町312番地にて森田好太郎商店創業(醤油醸造用品及び肥料卸売業)
昭和2年
カラメルの製造を開始
昭和25年
2代目森田好太郎代表者に就任
昭和27年
三重県桑名市中央町に工場を新築
昭和42年
本社社屋を現在地に新築
昭和46年
森田好太郎商店の販売部門を分離し、株式会社モリタを設立
2代目森田好太郎代表取締役社長に就任
昭和47年
東京出張所を開設
昭和56年
森田食品工業株式会社を設立し、森田好太郎商店の製造部門を継承
森田好博代表取締役社長に就任
昭和57年
株式会社モリタ 森田好博代表取締役社長に就任
平成4年
株式会社モリタと森田食品工業株式会社とが合併し、森田フードシステム株式会社に改名
平成5年
三重県員弁郡(※現 いなべ市)員弁町に員弁工場を新設
平成11年
品質システム“ISO9002”の認証を取得
平成13年
品質マネジメントシステムの認証登録を“ISO9001”に変更
平成21年
東京出張所を東京営業所に昇格
平成25年
森田好博代表取締役会長に就任
森田浩文代表取締役社長に就任
平成26年
員弁工場敷地内に新工場を増築